ソムリエを目指そう!

10
一時期のブームもあって未だにソムリエが人気ですよね。
一流ホテルのレストランでお客さんにオススメのワインを提供したり同じワインでも常温で提供したりワインクーラーで冷やしてから提供したり、様々な楽しみ方を演出することが出来ます。
さて、では一体どうすればソムリエになれるのでしょうか?。
ソムリエの資格を取るにはまず実務経験が必須となっています。
ワインを提供する飲食サービス業界で5年以上勤務し、且つ規定の試験に合格することでようやくソムリエになることが出来ます。
ワインに詳しい人が無資格でソムリエのような振る舞いをしているお店もありますが、実施にはこうした規定があるということを頭の片隅にいれておくと良いでしょう。
資格試験としては厳しい部類に入るとおもうので、ソムリエの資格を持っている人は優秀な人材であることも同時に証明できますよね。
ちなみにソムリエの資格にはシニアソムリエとマスターソムリエと言われる上位資格もあります。
それぞれ経験年数が必要いなりますが、一流ホテルのソムリエはみなマスターソムリエなのかもしれませんね。
ちなみにソムリエを認定する協会は2つあって全日本ソムリエ連盟認定資格という試験については実務経験は必要ないようですが先述の実務経験が必要な日本ソムリエ協会の資格の方が上位とみられているようですね。

=関連の記事を読む=

«

free space